スロー・ストキャスティクスを使った基準値とのクロス売買という手法についての検証です。

スロー・ストキャスティクスと基準値とのクロスによる売買手法の検証

ユーロ円 ストキャスティクスSDが50%ラインとクロスした際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[C]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • ストキャスティクス 高安周期[14〜21]、Slow%D[3〜5]を使い、SDが50%ラインを上抜けたら買い、下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
14,5
21,5
+4,631.3 611 252 358 1 41.24 7.5 1,696.3
18,3
21,5
+4,608.9 603 248 355 0 41.12 7.6 1,743.3
14,5
20,5
+4,583.3 641 265 376 0 41.34 7.1 1,633.9
17,3
21,5
+4,526.1 603 247 356 0 40.96 7.5 1,763.3
15,5
21,5
+4,401.9 609 249 359 1 40.88 7.2 1,692.1

バックテスト結果から

ストキャスティクスの2本の線でのクロスではなく50%を基準値としたクロスでの売買という手法は、頻繁にシグナルが出てしまう2本の線のクロスよりもゆったりとした流れになり、相場の方向性などを見るのには役立ちそうです。
ここに80%超えで買われすぎ、20%抜けで売られすぎといった基本的な使い方をプラスすることで、もっと精度の増す相場予測が可能となるかもしれません。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も